大腸内視鏡検査を初体験

3月に41歳になった直後に受けた健康診断。大腸ガンの便潜血検査で血液反応が出たため、精密検査となってしまいました。それ以外は、コレステロールも中性脂肪も血糖値も、何も問題なかったのですが…。
大腸ガン…というのも、怖いので、大きな病院で、大腸内視鏡による精密検査を受けてきました。先端にカメラがついた直径1cmのチューブを肛門から入れて検査をしてもらうわけです。
家族や周りで、大腸内視鏡検査を受けた知り合いがいなかったので、それはもうドキドキでしたよ。苦しいのはイヤだったので、無痛検査を導入している病院をセレクトして行ってきました。

検査当日は、有名らしい院長先生が検査を担当して下さいました!
点滴を受け、軽い鎮静剤を入れながら行いました。麻酔をするわけではないので、大腸内を写したテレビ画面を見たり、
先生の話は聞こえるのです。「ぼ~~~っ」している間に検査が終わっている状態でした。

検査そのものは、本当にとても楽でした!
でも、検査前の腸をきれいにする過程が、とても辛かった~~~涙。

前日夜に飲む下剤と、当日飲む下剤(1.8L)。便秘知らずの私としては、下剤が効きすぎたようで、前日夜からトイレにこもりきり(寝られず徹夜状態)。当日も車で20分の病院に行くことすら苦痛なくらいでした。

しかも、検査が終わった翌日も体調不良。相当ストレスだったのか、アレルギーやも出まくり、顔中にクインケ浮腫が出たりして、3日間くらいヘロヘロでした…。


結果的にポリープなどはなかったのですが、炎症が2箇所ほどあったそうで、大腸組織を採取しての顕微鏡検査結果待ちです。
今後も2年おきに内視鏡検査をしたほうが良いとのことでしたが、なんといっても腸をキレイにする過程が辛すぎます…涙。

普段から全く通院しない元気体の私。今回は5回も病院へ行き、2週連続で血液検査を受け…。
なんだかようやくほっと落ち着いた今日この頃です。
40歳過ぎると、少しずついろいろなところにガタが来るようなので、日頃から健康と食事に気をつけていきたいと思います。

関連記事

トラックバック:0 | コメント:0  ↑TOP  編集
2015-04-08 Luka @ 23:40

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yuna.blog5.fc2.com/tb.php/1792-99704dbd

なお、本エントリーとあまり関係の無い内容と思われるトラックバックは
管理人の判断にて予告なく削除させていただく場合があります
◆参照:Wikipedia より トラックバックとは

本&雑誌

物欲リスト

2004*Baby

2007*Baby