シュウメイギク

八月だというのに、すっかり秋の気候。
朝晩は長袖でないと寒いくらいです。

2865.jpg
我が家のお庭にも、秋の気配。
シュウメイギクが3つほど咲き始めました。

【シュウメイギク】
本州、四国、九州の山野や里山に自生する毎年花を咲かせる宿根草です。日本原産ではなく、古い時代に中国からやってきて、野生化したもの言われています。漢字で書くと「秋明菊」、9月~10月の秋まっさかりな時期に開花する名前通りの花です。アネモネの仲間で英語ではジャパニーズ・アネモネ(Japanese anemone)と呼ばれます。別名のキブネギク(貴船菊)は京都の貴船で多く見られたことに由来します。
ヤサシイエンゲイより引用~



2006年9月30日に鉢植えで購入し、4年ほど植木鉢で放置していたものを、昨年地植えにしました。
理想の生育場所は、理想の場所は庭木の下や家の北側の場所、生け垣の庭木の間だとか。
コンクリートのそばだと、土質がアルカリ性に傾くことがあって育ちが悪い…とのことですが、我が家は隣家とのコンクリート壁そばだというのに、グングン育っています。
これだけ大量の花芽を付けたのは今年が初めて。
100個以上の花芽があるから、次々に楽しませてくれそうです♪

2864.jpg
あまりにも大きな株に育ちすぎて、隣に植えてあるクリスマスローズが、追いやられてすっかり小さくなってしまいました。
花を楽しんだ後は、株を少し整理しようかな?!
関連記事

トラックバック:0 | コメント:0  ↑TOP  編集
2014-08-30 Luka @ 10:24

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yuna.blog5.fc2.com/tb.php/1782-78e958a4

なお、本エントリーとあまり関係の無い内容と思われるトラックバックは
管理人の判断にて予告なく削除させていただく場合があります
◆参照:Wikipedia より トラックバックとは

本&雑誌

物欲リスト

2004*Baby

2007*Baby